コンテンツにジャンプ

トップページ > WHO協力センター WHO Collaborating Centre for Health Systems Research

WHO協力センター WHO Collaborating Centre for Health Systems Research

WHO協力センターとは

WHOロゴ

WHO協力センターは、WHOの活動プログラムを国際的に展開するために指定される拠点で、約80カ国にある800以上の研究施設や大学研究室が協力しています。国際医療協力局は、2009年より世界保健機関(WHO)の「保健システム強化」に関する協力センターに指定されています。研究や調査、人材育成などの活動を通じて「保健システム強化」に関するWHOの政策や戦略の推進に協力しています。また、開発途上国で導入済みの保健医療分野の解決策がその国の保健システムに与える影響についての調査や、研究活動の計画立案の協議にも参画しています。

概要

名称

WHO Collaborating Centre for Health Systems Research
保健システムリサーチに関するWHOコラボレーティングセンター

レファランス番号

WCC JPN-45

契約期間

  • 初回認定年月日:1985年5月13日
  • 最新の再更新年月日:2013年7月28日
  • 現在の契約期限年月日:2017年7月28日

Terms of Reference/業務内容仮訳

  • To assist the HSD/WPRO/WHO in assessing the impacts of health system strengthening (HSS) and its coordination with disease-specific health programmes
  • To provide technical consultancies on health system strengthening
  • 保健システム強化のインパクトの評価と、疾患特異的プログラムとの調整に関する評価に関して、WHO西太平洋事務局保健システム開発課を支援する
  • 保健システム強化の技術的コンサルテーションを提供する

活動タイプ

  1. リサーチ
  2. 成果品作成
  3. 教育研修

関連資料・報告書等

October 2013

Assessment of health systems in relation to interface between malaria control programs and health system strengthening: Comparative study among Lao PDR, Nepal and Viet Nam

NCGM REPORT October 2013(PDF:1.06MB)

October 2013

Assessment of Synergy between Vertical Programs and the National Health System in the Lao P.D.R.

NCGM REPORT March 2012(PDF:502KB)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。