コンテンツにジャンプ

トップページ > 国際医療協力局医師(常勤職員)1

国際医療協力局医師(常勤職員)1

1. 職 名

国際医療協力局医師

2. 職務内容

  • 海外事業:アジア・アフリカなどの開発途上国で行われている保健システム強化、疾病対策、母子保健、UHC分野でのJICA等のフィールド事業において、専門家として現地で活動する。また、日本国内から海外事業を支援する
  • 研修:外国人あるいは日本人対象の国際保健医療分野の研修を運営実施する。
  • 研究:国内外でのフィールド事業を通じた研究を実施し、フィールドからのエビデンスを文書化し発信する
  • 緊急医療援助・公衆衛生危機対応活動に参加する
  • 大学、企業、NGO、国際機関等と連携し、国際保健医療課題の解決に取り組む。

国立国際医療研究センターの事業計画については下記より中長期計画・年度計画をご参照ください。
http://www.ncgm.go.jp/disclosure/010/020/middle_plan.html
http://www.ncgm.go.jp/disclosure/010/030/year_plan.html

3.応募資格

  • 日本の医師免許をもっていること。
  • 保健医療分野における概ね5年以上の実務経験を有すること。ただし、海外の開発援助機関あるいは開発途上国における業務経験を有することが望ましい。
  • 公衆衛生、あるいは国際保健医療分野の修士以上の学位を持っていることが望ましい。
  • 英検準1級、TOEIC730点以上、TOEFL iBT79点以上(CBT213点以上)またはこれと同等の公的語学資格等を取得していること。

4.募集人数

若干名

5.選考方法

  • 小論文(応募書類として提出)
  • 英文エッセイ
  • グループ面接等
  • 個人面接

※書類選考の後、上記の選考により採否を決定
※書類選考結果通知日:5月26日(金曜日)
※英文エッセイタイトル通知日:同上 

6.身分

常勤職員(医療職基本給表(一)適用-採用日から5年間の任期)

※勤務成績及びセンターの運営状況等を勘案して再任の可否を決定

7.処遇等

基本給:職員給与規程による※初任給は経験年数等を考慮して決定
諸手当:通勤手当、住居手当、扶養手当等有り
昇 給:定期昇給年1回
賞 与:年2回

8.採用予定日

平成29年6月以降(応相談)

9.提出書類

  • 履歴書(別添様式1)および英文履歴書(様式自由、1枚以内)
    ※また英語以外の語学能力(フランス語、スペイン語など)についても記載すること。
  • 医師免許証(写)
  • 学位記(写)
  • 経験及び活動実績並びに業績(別添様式2
    ※海外での業務経験、国内の保健行政の経験がある場合は必ず記載すること
  • 小論文「志望動機(国際医療協力に関する考え)」(別添様式3
  • 推薦状
    ※国際医療協力局長宛
  • 「3.応募資格」のわかる証明書

* 原則として、提出書類は選考のための審査を目的にして使用し、不合格であった場合は、当センターで責任をもって廃棄処分をいたします。

10.提出締め切り日

平成29年5月22日(月曜日)必着

11.選考日時

平成29年5月31日(水曜日)

※日時詳細は書類選考の結果通知と合わせてご案内します。

12.採用内定の通知等

書類選考結果通知日:平成29年5月26日(金曜日)
英文エッセイの通知日:同上
面接試験結果通知日:面接試験実施後7日以内

13. その他

  • 任期については、「国立研究開発法人国立国際医療研究センターの研究職基本給表、医療職基本給表(一)、副所長等基本年俸表及び副院長等基本年俸表の適用職員の任期に関する規程」による。
  • 処遇の詳細については、「国立研究開発法人国立国際医療研究センター職員就業規則」および「職員給与規程」による。
  • 採用するにあたり、推薦者に問い合わせをする場合がありますので、問い合わせ先を記載してください。

14.書類提出先・お問合せ先

〒162-8655  東京都新宿区戸山1-21-1
国立国際医療研究センター 人事部 人事係
Tel 03-3202-7181(内線2026)
(郵送の場合は、封筒に「国際医療協力局 医師応募書類」と朱書きしてください。)