コンテンツにジャンプ

トップページ > プレスルーム > プレスリリース > 国立国際医療研究センターがミャンマーと研究協力

国立国際医療研究センターがミャンマーと研究協力
-ミャンマー連邦共和国保健省と共同研究協定を締結-

2014年4月9日

独立行政法人 国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター[東京都新宿区(以下、NCGM)]は、ミャンマー連邦共和国保健省[ミャンマー/ネピドー(以下、保健省)]と共同研究、人事交流、研修を促進するため、共同研究協定を締結いたしました。

NCGMは、過去15年間にわたりJICA技術協力プロジェクトや共同研究(ハンセン病、インフルエンザ、HIV/エイズ、災害対策等)を実施してきました。これらの事業はいずれもミャンマー国の健康水準向上に大きく寄与してきました。
今般、共同研究協定を締結することにより、次のような成果が期待されます。

  1. NCGMおよびミャンマー国の研究実績が向上する。
  2. 人事交流や研修によりミャンマー国研究者の技術レベルが向上する。
  3. 日本人若手人材の育成に寄与する。

協定書は、2014年4月3日に首都ネピドーにおいて、NCGM清水孝雄研究所長、保健省Min Than Nyunt保健局長が署名し、その後NCGMにて春日雅人総長(写真左)が署名した後、締結に至りました。

  • <署名ネピドーにて>

    20140409_1.jpg

    (左から)NCGM清水孝雄研究所長
    保健省Min Than Nyunt保健局長

  • <署名NCGMにて>

    20140409_2.jpg

    署名を行うNCGM春日雅人総長

独立行政法人 国立国際医療研究センター

NCGMでは国際医療協力局や研究所が我が国の国際保健医療協力の拠点として、WHO、厚生労働省、外務省およびJICAなどと連携し、開発途上国の医療や保健衛生の向上を図るため、政策提言、技術支援や途上国からの研修員の受け入れなどを行っています。

【参考資料】

NCGM ホームページ http://www.ncgm.go.jp
NCGMはより質の高い効果的な協力活動を推進するために各国や国連機関と協定締結を進めています。
協定締結国・機関は以下の図(赤枠)の組織(6ヵ所)となっています(2014年4月現在)。

20140409_3.jpg

本件に関するお問合せ先

独立行政法人 国立国際医療研究センター(NCGM)
国際医療協力局
TEL:03-5273-6828(直通)
e-mail:info@it.ncgm.go.jp
〒162-8655 東京都新宿区戸山 1-21-1
担当:研修企画課長 明石 秀親(あかし ひでちか)
   国際派遣センター長 仲佐 保(なかさ たもつ)

取材に関するお問合せ先

国立国際医療研究センター 企画戦略局 広報企画室
広報係長:三山 剛史(みやま つよし)
電話:03-5273-5258(直通) <9:00~17:00>
E-mail:tmiyama@hosp.ncgm.go.jp