コンテンツにジャンプ

トップページ > ベトナムのニャチャン・パスツール研究所のマイ所長がNCGMを訪問

ベトナムのニャチャン・パスツール研究所のマイ所長がNCGMを訪問

国立国際医療研究センターは、ベトナム中南部にあるニャチャン・パスツール研究所と共同で、糖尿病の疫学調査を2014年12月に実施しました。

去る10月5-8日、同研究所のマイ所長が、日本肥満学会にて当該研究の成果を発表するために来日され、併せて春日理事長および鎌田国際医療協力局長と会談しました。

10月5日 鎌田局長と会談しました。

鎌田局長は、「同研究所の感染症に関する疫学調査の豊富な実施経験は学ぶところが多い。今後も感染症・非感染性疾患に関する共同研究を進めて行きたい。」と述べ、マイ所長からも同様の前向きな意向が示されました。

10月7日 春日理事長と会談しました。

共同研究の成果やベトナムにおける非感染性疾患の状況・背景について意見交換が行われました。

詳細はこちらから
 
kamatachief@vietnam.jpg