コンテンツにジャンプ

トップページ > ミャンマー保健スポーツ省よりNCGMに対し感謝状贈呈(輸血・造血幹細胞移植サービス支援)

ミャンマー保健スポーツ省よりNCGMに対し感謝状贈呈(輸血・造血幹細胞移植サービス支援)

2018年1月19日、医療技術等国際展開推進事業の血液シンポジウムがヤンゴンで開催されました。その際に、ミャンマー西部のラカイン 州での血液銀行設置に向けた、機材の寄贈式典が行われました。コフィ・アナン前国連事務総長を議長とするラカイン州の諮問委員会の最終報告書に、当地域に血液銀行がないことが指摘されたことに端を発し、ヤンゴンから搬送する血液の保存設備を整備するための機材を、国際展開推進事業に参加いただいている企業に貢献いただき、供与したものです。2017年12月に東京で実施されたUHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)フォーラム2017においても、ミャンマーのテイン・チョー大統領と安倍首相の懇談で本案件につき言及されました。

式典において、ミャンマー保健スポーツ省よりNCGMに対し、「NCGMの完璧なアレンジと輸血ならびに造血幹細胞移植サービスに係る知識共有、技術移転に謝意を表す。NCGMの熱意ある支援は、現在のミャンマーにおける血液内科サービスの向上を強化した。」という感謝状が手渡されました。

nozaki.jpgletterofapp.jpg