コンテンツにジャンプ

トップページ > 鎌田国際医療協力局長、ミャンマー国保健スポーツ省公衆衛生局との協力覚え書き署名式

鎌田国際医療協力局長、ミャンマー国保健スポーツ省公衆衛生局との協力覚え書き署名式

 鎌田国際医療協力局長がミャンマー国保健スポーツ省公衆衛生局との協力覚え書き署名式に出席しました。
国立国際医療研究センターでは、ミャンマー国が経済制裁下にあった2000年から、JICA技術協力事業への専門家派遣などを通じ、ミャンマーの保健省を支援してきました。こうした長年の協力関係に基づき、2014年に当時の保健省保健局と協力覚え書きを締結し、NCGMの海外拠点の一つとして、協力活動を強化してきました。その後、保健省の組織改編により、保健局は医療サービス局と公衆衛生局に分割されたことから、それぞれと協力覚え書きを締結し直すこととなりました。医療サービス局とは2016年に覚え書きを締結しており、今回、公衆衛生局との覚え書き締結の準備が整ったことから、2月15日に首都ネピドーにて、署名式が執り行われました。 

 The National Center for Global Health and Medicine (NCGM) Japan has been supporting Myanmar Ministry of Health since 2000 by dispatching the various experts. Based on this long history of collaboration, NCGM and Department of Health, Ministry of Health of Myanmar have signed Memorandum of Understanding (MoU) on cooperation in 2014. Due to the reorganization of the Ministry, Department of Health was divided into Department of Medical Services and Department of Public Health. Therefore, we extended our MoU with both of them. This time, Mr Kamata, Director General of Bureau of International Health Cooperation, has come to Nay Pyi Taw to sign the MoU between NCGM and Department of Public Health, on 15th February 2017.