コンテンツにジャンプ

トップページ > ミャンマーに於ける耐性菌のサーベイランスのためのレビュー会議が開催されました。

ミャンマーに於ける耐性菌のサーベイランスのためのレビュー会議が開催されました。

国立国際医療研究センターでは、研究所を中心に耐性菌(AMR)のサーベイランス確立に資する共同研究を、ミャンマーのNational Health Laboratory と実施してきております。今回、研究所からの専門家や、鎌田国際医療協力局長が来緬されたのを機に、第一回となる耐性菌のレビュー会議が開催されました。ミャンマー全国から、19の病院検査室の代表が参加し、現状と課題を報告。今後の改善のために有意義な会議となりました。

The National Center for Global Health and Medicine (NCGM) Japan has been conducting collaborative research on antimicrobial resistance (AMR) with Myanmar National Health Laboratory. We organized the review meeting on AMR using the occasion that researcher from research institute of NCGM and Mr. Kamata, Director General of Bureau of International Health Cooperation, visited Myanmar. Representatives of 19 hospital laboratories have participated in the meeting and discussed the current situation and challenges faced. It was a fruitful meeting for further strengthening of AMR laboratories.