コンテンツにジャンプ

トップページ > 第7回 織田記念国際シンポ「2020年東京オリ・パラに向けた健康危機・医療への備え」10月19日に開催

第7回 織田記念国際シンポ「2020年東京オリ・パラに向けた健康危機・医療への備え」10月19日に開催


申し込み者総数が会場定員を超えたため、受付は終了いたしました。ご了承ください。

国立研究開発法人国立国際医療研究センター(NCGM)は、以下の要領で、第7回織田記念国際シンポジウムを開催いたします

日時:2018年10月19日(金)13:00から18:10まで
場所:国立国際医療研究センター研修センター棟5階大会議室
タイトル:2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた健康危機・医療への備え

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)等が新たなライフスタイルを形成する中で行われます。このような国際的な大イベントでは、マスギャザリング(集団形成)により起こり得る健康危機への備えが非常に重要です。本シンポジウムでは、過去の五輪における公衆衛生対応に学び、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた感染症対策、救急医療提供体制ならびに外国人への医療提供体制をレビューし議論します。

本シンポジウムを通じて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた医療・公衆衛生対応を考えていければ幸いです。

詳細はこちらのプログラム案(PDF)をご参照ください。

参加は無料ですが、以下のリンクから事前申し込みをお願いします。

https://goo.gl/forms/Aic8PjtaerzteVf22
申し込み者総数が会場定員を超えたため、受付は終了いたしました。ご了承ください。

当初登壇予定だったWHO西太平洋地域事務局のDr. Heather Papowitzは、同じくWHO西太平洋地域事務局のDr. Thilaka Chinnayahに交代することとなりました。また厚労省医療国際展開推進室長が徳本史郎医師から高崎洋介医師に交代したことに伴い、演者が徳本医師から高崎医師に変更となりました。ポスター、チラシをご覧いただいている方はご留意いただければ幸いです。