コンテンツにジャンプ

トップページ > iGHPが第2回 日独グローバルヘルス会議「グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割」を共催開催

iGHPが第2回 日独グローバルヘルス会議「グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割」を共催開催

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(NCGM)国際医療協力局グローバルヘルス政策研究センター(iGHP)は、以下の要領で、第2回 日独グローバルヘルス会議「グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割~G20ハンブルグからG20大阪へ~」を、ジュネーブ国際開発研究大学院グローバルヘルス・センター(GI/GHC)、ベルリン日独センター(JDZB)と共催開催いたします。

第2回 日独グローバルヘルス会議
グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割
~G20ハンブルグからG20大阪へ~

日 時 : 2018年9月6日(木)10:00~16:30
場 所 : 国立国際医療研究センター
      国際医療協力研修センター5階・大会議室
参加費 : 無料(事前登録制)

2017年にドイツ・ハンブルグで開催されたG 20サミットにおいて、初めてグローバルヘルスが主な議題となりました。構成国・地域のGDPが世界の約8割以上を占めるG 20の首脳が集まるG20サミットにおいて、グローバルヘルスに関する会合が行われたことは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた協力を強化する上で大変有意義なことです。 2018年のG20サミットは、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されますが、2019年6月には日本で初めてのG 20サミットが大阪で開催されます。G20大阪サミットは、G 20ハンブルグで話し合われたグローバルヘルスのさまざまな課題や加盟各国の役割などを受け継ぎ、グローバルヘルスの重要性をたゆむことなく世界へ発信していく機会となります。 今回開催する日独グローバルヘルス会議では、G 20ハンブルグ・サミットでの政策提言をレビューし、目標や課題を明確にすることで、ハンブルグから大阪へ円滑に政策提言が引き継がれることを目的に議論を行います。

第2回 日独グローバルヘルス会議「グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割~G20ハンブルグからG20大阪へ~」の詳細につきましては、以下のiGHPウエブサイトをご参照ください。

参加ご希望の方は、以下URLから事前登録をお願いします。