コンテンツにジャンプ

トップページ > NCGMとベトナム・バックマイ病院共催 医療機器管理セミナー

NCGMとベトナム・バックマイ病院共催 医療機器管理セミナー

12月7日に医療の国際展開推進事業の一貫で、バックマイ病院外科系チーム医療プロジェクトのうち医療機器管理に関する活動において、バックマイ病院とNCGMの共同で医療機器管理セミナーを開催しました。
保健省医療機材局をはじめ、ベトナム北部の医療機材に関連する行政機関、教育機関、医療機器業界、周辺省病院などから150名ほどの参加がありました。
昨今ベトナムでは医療機器に関する医療事故が起こっており、安全性、管理体制が重要視されています。また医療機器の設定された使用頻度、稼働率、耐用年数などを超えた使用が、特にベトナムの大規模病院では常態化しています。
セミナーでは、医療機器管理の法律規則に基づいて、医療機器の数状態を把握すること、安全性を担保するために保守点検をすることが、NCGMの事例などを紹介しながら説明されました。特に電気的安全性として電気漏れの点検を参加者に体験してもらうブースを設置しました。参加した技術者の中には知識では理解していても実際に実施するのは初めてという人もいました。
この事業を通じて、バックマイ病院では医療機材部と医療機器の多い手術室、ICUで医療機器の数と状態を管理するソフトが開発され、その紹介がされました。

  • バックマイ病院 保坂氏スピーチ

    保坂医師の開会でのスピーチ

  • ベトナム セミナーの様子

    セミナー会場

  • ベトナム デモンストレーション

    デモンストレーション

  •