コンテンツにジャンプ

トップページ > ジョンズ・ホプキンス大バーナム教授の講演会を開催します。

ジョンズ・ホプキンス大バーナム教授の講演会を開催します。

このたび、紛争問題と難民健康の研究の第一人者であるジョンズ・ホプキンスブルームバーグ公衆衛生大学院のバーナム教授をお迎えし、2018年のアフガニスタンの健康調査について、講演していただくことになりました。

本セミナーは、国立国際医療研究センター国際医療協力局が主催し、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)の協賛で開催いたします。

日 時:5月27日(月)14:00~15:30

会 場:国立国際医療研究センター国際医療協力局会議室(研修棟3階)※会場が変更になりました。
                                               グローバルヘルス政策研究センター(iGHP)(研修棟1階)

テーマ:“The 2018 Afghanistan Health Survey: methods and results of a household survey in difficult circumstances”

講 師:Prof. Gilbert Burnham

Department of International Health, The Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health 


言 語:英語(日本語通訳なし)

本セミナーは、基本的に国際医療協力局職員を始めとするNCGM職員を対象としておりますが、厚労省やJICA等の外部関係者の方々のご参加についても受け付けております。

 ご興味のありそうな方が周りにいらっしゃいましたら、情報共有を行っていただけますと幸甚です。

国際医療協力局員以外で参加をご希望の方は、座席に限りがありますので、5月22日(水)までに、研修課・松藤(下記メールアドレス)までメールにてお名前とご所属先をご連絡いただきますようお願いいたします


m-matsufuji@it.ncgm.go.jp

なお、会場の収容人数に制限があるため、定員いっぱいになり次第、受付を停止させていただきますので、ご了承ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。