コンテンツにジャンプ

トップページ > JICA国別研修「チョーライ病院およびチョーライ日越友好病院に向けた病院管理能力向上研修」を実施

JICA国別研修「チョーライ病院およびチョーライ日越友好病院に向けた病院管理能力向上研修」を実施

NCGM国際医療協力局は、10月28日(月)から11月1日(金)まで、JICA国別研修「チョーライ病院およびチョーライ日越友好病院に向けた病院管理能力向上研修」を実施しています。
現在、国際医療協力局は、チョーライ病院(ベトナム・ホーチミン市)に対して、「JICAチョーライ病院向け病院運営・管理能力向上支援プロジェクト」による支援を行っています。
2019年度は、チョーライ病院から、5名の病院幹部を研修員としてお迎えしています。
ベトナム国内では、電子カルテを本格的に有している医療施設が少ないという背景がありますが、JICAの有償資金協力により建設される予定の「チョーライ日越友好病院」(ホーチミン市)には、電子カルテを導入する予定です。
そのため本研修では、NCGMセンター病院での取り組みについての講義や見学を通して、日本における電子カルテの運用や運用に関わる人材育成など学んでいただきます。
研修初日、研修員は国際医療協力局長と看護部長を表敬訪問しましたが、研修員を代表してチョーライ病院総合計画部長・ヴィエット氏から、台風15号、19号で被害に遭われた皆様に対するお見舞いと励ましの言葉をいただきました。

JICAチョーライ病院向け病院運営・管理能力向上支援プロジェクトについては以下のURLより詳細をご覧いただけます。

    • JICA国別研修NCGM局長表敬

      局長表敬

    • JICA国別研修チョーライシミュレーションラボ

      シミュレーションラボ

 JICA国別研修記念撮影1

記念撮影