コンテンツにジャンプ

トップページ > プレスルーム > プレスリリース > 2021年度 国際保健基礎講座-オンラインコース-第4回 国際保健を支える保健人材

2021年度 国際保健基礎講座-オンラインコース-
第4回 国際保健を支える保健人材

2021年8月2日

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国際医療協力局

  • 開講期間:2021年8月17日(火)~8月29日(日)
    講義Moodle + ライブ・ディスカッションMicrosoft Teams
  • 受講料:1,000円 ※学生500円

※本講座のMoodleによる講義および小テストは「2020年度国際保健基礎講座」「2020年度国際保健医療協力集中講座」「2021年度国際保健医療協力集中講座オンデマンドコース(2021年4月27日~5月24日開催済)」と同じ内容です。

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(略称:NCGM)国際医療協力局は、8月17日(火)から2021年度 第4回 国際保健基礎講座-オンラインコース-「国際保健を支える保健人材」を開催します。国際保健基礎講座は、2007年から開催しており、今年で15年目の開催となります。

講座は全9回。Moodleによる講義の視聴とMicrosoft Teamsによるライブ・ディスカッションを組み合わせたWebによるセミナーです。Webによる講義の視聴に“参加型”の要素を組み合わせた構成で実施します。グローバルヘルスや公衆衛生を学んでいる方、国際保健医療協力に関心がある方どなたでも参加いただけます。興味のあるテーマ1回だけの受講も可能です。

第4回は「国際保健を支える保健人材」をテーマに開催します。
持続可能な開発目標(SDGs)のゴール3「すべての人に健康と福祉を」の中で掲げられている、UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)も、保健医療サービスを提供する人(=保健人材)がいなければ実現できません。
本講座では、まず、保健人材とはどのような人たちでどのような役割を期待されているのか。低中所得国で働く看護師を取り上げ、低中所得国の実情についてコンゴ民主共和国を例に日本と比較しながら解説します。
次に、保健人材に関する世界の状況と保健人材の基準値とその理論的な根拠を説明。さらに、カンボジア、アフガニスタン、コンゴ民主共和国の3カ国における紛争後の保健医療支援活動の経験をもとに、2011年にNCGMが発表した保健人材システム開発のための分析モデル『ハウスモデル』についてモンゴルでの保健人材システムの構築を事例に解説します。
最後に、世界的なCOVID-19のパンデミック下においても、保健人材の開発支援を続けている専門家の活動を、赴任地のCOVID-19の状況も含め、インタビューで紹介します。

一人は、コンゴ民主共和国で『JICA保健人材開発支援プロジェクト』に取り組む及川(おいかわ)みゆき保健師、一人は、ラオス人民民主共和国で『JICA保健人材免許登録制度に関するプロジェクト』に取り組む(みや)(ざき)一起(かずき)看護師です。
講師は、伊藤(いとう)()()看護師と馬場(ばば)(とし)(あき)医師です。

第4回 国際保健基礎講座「国際保健を支える保健人材」の開催概要は、以下の通りです。

2021年度 国際保健基礎講座
-オンラインコース-
第4回 国際保健を支える保健人材

形  式

Moodleによるオンデマンド講義とMicrosoft Teamsによる参加型ライブ・ディスカッション

開講期間

2021年8月17日(火)から8月29日(日)まで受講可能 
※ライブ・ディスカッションは8月28日(土)13:00~14:00(予定)

募集人数

50人

募集期間

2021年8月2日(月)から8月9日(月)※定員に達し次第、募集を終了します。

受講料

1,000円 ※学生500円
※受講料は、受講決定後に振込口座をお知らせします。

参加要件

国際保健医療協力に興味をお持ちのすべての方。

参加条件

受講するために必要なパソコン、タブレット、スマートフォンなど通信機器、通信回線はご自身でご用意ください。
※推奨環境
【ブラウザ】Google Chrome(最新版)/ Microsoft Edge(最新版)
            Internet Explorer 11以降 / FireFox(最新版)/ Safari(最新版)
【OS】Androidスマートフォン・タブレット:Android 8.0以降
          iPhone・iPad:iOS 10以降
      パソコン / Windows :Windows 8.1以降  Apple製品 :Mac OS X以降

参加申込

NCGM国際医療協力局ウエブサイトの「国際保健を知る・学ぶ・体験する(研修事業のご案内)」「国際保健基礎講座」から応募フォーム(Microsoft Forms)に必要事項を記入の上送信してください。
*受付完了後、受付完了をお知らせする自動送信メールが届きます。届かない場合には、「一般の皆さまからのお問い合わせ先」までご連絡ください。。
http://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/event/030/index.html
第1回 国際保健の基礎のキソ!

※報道関係の皆様のオブザーバー聴講は、無料です。
 聴講をご希望の場合は、以下担当あてに、メールでご一報ください。
・修了証書は発行されません。
・ライブ・ディスカッションへの参加はできません。

今後のスケジュール(予定)

  • 第 5 回 低中所得国における医療の質改善
    【開講期間】2021年9月14日(火)~9月26日(日)
          ※ライブ・ディスカッション:9月25日(土)13:00~14:00(予定)
    【募集期間】2021年8月30日(月)~9月5日(日)※定員(50名)となり次第締切
  • 第 6 回 女性とこどもの健康改善
    【開講期間】2021年10月19日(火)~10月31日(日)
          ※ライブ・ディスカッション:10月30日(土)13:00~14:00(予定)
    【募集期間】2021年10月4日(月)~10月10日(日)※定員(50名)となり次第締切
  • 第 7 回 疾病対策概論
    【開講期間】2021年11月16日(火)~11月28日(日)
          ※ライブ・ディスカッション:11月23日(火/祝)13:00~14:00(予定)
    【募集期間】2021年11月1日(月)~11月7日(日)※定員(50名)となり次第締切
  • 第 8 回 もう迷わない!情報検索 虎の巻
    【開講期間】2021年12月14日(火)~12月26日(日)
          ※ライブ・ディスカッション:12月25日(土)13:00~14:00(予定)
    【募集期間】2021年11月29日(月)~12月5日(日)※定員(50名)となり次第締切
  • 第 9 回 災害と公衆衛生危機
    【開講期間】2022年1月18日(火)~1月30日(日)
          ※ライブ・ディスカッション:1月29日(土)13:00~14:00(予定)
    【募集期間】2022年1月4日(火)~1月9日(日)※定員(50名)となり次第締切

 

国際保健基礎講座について

いずれの回からでも、また1回だけの参加も可能です。全9回の講座のうち 8 回以上出席した参加者には修了証書を発行します。
修了者は「国際保健医療協力研修」の講義期間が免除されるなど、国際医療協力局が実施する他の研修とも連動しています。

 

NCGM国際医療協力局について

NCGM国際医療協力局は、保健医療分野における日本を代表する国際保健医療協力機関です。
厚生労働省や外務省、独立行政法人 国際協力機構(JICA)、世界保健機関(WHO)などと連携しながら、低中所得国の医療や保健衛生の向上を図るための支援を行っています。その一環として、グローバルに活躍できる保健医療人材の育成を目的に、国内外に向けさまざまな講座や研修を提供しています。

一般の皆さまからのお問い合わせ先

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(NCGM)
国際医療協力局 研修課 研修窓口 
〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181(代表)内線:2738 
E-mail:kensyuka@it.ncgm.go.jp

報道関係の皆さまからのお問い合わせ先

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(NCGM)
国際医療協力局 広報情報課
(こん) 弘人(ひろと)
〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181(代表)内線:2744、PHS:5525
E-mail:koho@it.ncgm.go.jp