コンテンツにジャンプ

トップページ > 活動情報 > 国内活動 > イベント情報 > これからのイベント&セミナー

これからのイベント&セミナー

見る、聴く、学ぶ、参加する グローバル・ヘルスの世界

国際医療協力局が主催・共催するイベントやセミナーをご案内します。

これからのイベント&セミナー

2019年度 第2回 仏語圏アフリカ国内保健人材ネットワーク定例会

本定例会は、仏語圏アフリカで活動した経験のある方、現在活動されている方、これから活動をお考えの方、興味をお持ちの方々の日本での連携を維持・強化しながら、情報交換を行うことを目的としています。
 今回の定例会は、WHOのB型肝炎母子感染ガイドライン作成委員を担当している、パリ・パスツールである島川祐輔さんを講師に迎えて開催します。当日は、アフリカ発のB型肝炎制御必要なエビデンス創出のため、さまざまな分野の専門家が現場で行っている研究や取り組みについて、具体的なエピソードを織り混ぜながらプレゼンテーションを行っていただくほか、参加者との意見交換、質疑応答などを行います。
オープンセミナーですのでどなたでもご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:2019年8月20日(火)18:30~20:00
場 所:国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター3階・会議室
テーマ:アフリカにおけるB型肝炎の排除(エリミネーション)を目指して
講 師:島川しまかわ 祐輔ゆうすけ 氏 内科医師・医学博士(疫学)
          パリ・パスツール研究所 パーマネント・リサーチャー
参加費:無料 ※参加ご希望の方は、事前登録をお願いします。

*詳細・お申込みはこちらから

    2019年度第2回アフリカ国内保健人材ネットワーク定例会・画像

        告知ポスター(PDF:244KB)

 

2019年度 国際保健基礎講座 第3回  UHC

*本講座は定員に達しましたので申込みを締切りました。

今回のテーマは、“ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)”です。UHCは、「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味しています。すなわち、すべての人が経済的な困難を伴うことなく、保健医療サービスを享受することを目指しています。持続可能な開発目標(SDGs)においてもゴール3(健康と福祉)の中で、UHCの達成が掲げられています。UHCを達成するためには、WHO(世界保健機関)が提唱する保健システムフレームワークの6つの構成要素(①保健医療サービス提供、②保健人材、③保健情報、④医薬品・ワクチン・医療機器、⑤保健財政、⑥リーダーシップとガバナンス)を強化することが求められます。
こうした状況を踏まえ、今回の基礎講座では、保健医療サービス提供と保健財政を中心に講義を行います。保健医療サービス提供については、「5つのステップ」があること、その充実・強化にあたっては、提供側と需要側双方の取り組みが必要であることを学びます。保健財政については、いくつかの国での取り組みなど、社会医療保障制度を紹介しながら、保健財政の基礎を学びます。

【日 時】2019年7月27日(土) 13:00~16:00(受付12:30~12:50)
【場 所】国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター3階・会議室
【講 師】国際医療協力局 医師 野田 信一郎(運営企画部 保健医療協力課長)
【参加費】1,000円(学生500円※学生の方は当日学生証をご提示ください)

*詳しくはこちらからお願いします。
   国際保健医療協力局研修集中講座の内容と一部重複しております。予めご了承ください。
 (応募多数の場合、早めに登録を締め切らせていただく場合があります)
 (また、やむを得ない事情により、講座の内容・日程が変更になる可能性があります。
  必ず連絡がとれるメールアドレスまたは電話番号の記入をお願いします)

  • 2019年度 国際保健基礎講座 第3回 UHC

     告知ポスター

  • 2019年度国際保健基礎講座年度計画前期5月から9月

     年間計画5月から10月

  • 2019年度国際保健基礎講座年度後期10月から2月

     年間計画11月から2月

2019年度 国際保健医療協力研修

これからの国際保健医療協力を担う日本人の人材を養成するためのより実践的な研修コース。 専門家による「講義」、プロジェクト立案に特化した「計画立案実習」、海外で国際協力の現場を体験する「フィールド」の3部構成によって多角的に学べます。「国際保健医療協力研修」では、NCGMの活動拠点であるベトナムでの関連施設の視察や、現地の医療従事者とともに行うプロジェクト立案過程を経験できます。

日  時: 2019年9月14日(土)~27日(金)
・講義       9月14日(土)~9月16日(月)
・計画立案実習   9月17日(火)
・フィールド研修  9月18日(水)~9月26日(木)
・まとめ      9月27日(金)

場  所: 国際医療協力研修センター・ベトナム社会主義共和国
・講義       国立国際医療研究センター
・計画立案研修   国立国際医療研究センター
・フィールド研修  ベトナム社会主義共和国
・まとめ      国立国際医療研究センター

募集人数: 20名

受 講 料 : 約250,000円(税込)
 (フィールド研修の旅費、諸経費、および教材費)
 ※研修中の食費等の生活関連費は別途自己負担。

参加要件:①今後、国際医療協力に携わることを希望している方、または国際医療協力等の経験を有していて、今後も国際医療協力に携わることを希望している方。
②社会で実務経験が概ね2年以上ある方。(業種は問わない)
 ※2年以上の実務経験に満たない大学生等の場合は、その他の条件等を考慮して参加の可否をNCGMが判断する。
③心身ともに健康である方。
④高校卒業程度の英語力がある方。
⑤上記の5つの条件を満たし、研修の全日程に参加可能な方。
 ※事務局にて参加者の書類選考を行います。
 ※フィールド研修には、ベトナム語と日本語の通訳が同行します。

応募締切: 2019年7月31日(水)

受講プラン:①全日程参加(14日間)
 ②計画立案実習・フィールド実習(含むまとめ)11日間
  (2019年度国際保健医療協力集中講座終了証授与者)
 ③計画立案実習・フィールド実習(含むまとめ)11日間
  (国際保健基礎講座終了証授与者)

*詳細・お申し込みはこちらから