メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 活動情報 > 国内活動 > イベント情報 > これからのイベント&セミナー

これからのイベント&セミナー

更新日:2016年7月19日

見る、聴く、学ぶ、参加する グローバル・ヘルスの世界

国際医療協力局が主催・共催するイベントやセミナーをご案内します。

これからのイベント&セミナー

国際保健基礎講座 第5回「広い大地と小さないのち」

2016年9月24日(土曜日)午後13時から午後16時まで(受付:午後12時30分から午後12時50分まで)
国際保健医療協力を 目指す人のための基礎講座
限られた資源やお金の中でこどものいのちを守るために何ができるのか。
経験豊かな小児科医と一緒に、いのちについて考えてみませんか? 

講師:国際医療協力局 岡林 広哲 医師
場所:国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター3階 会議室
   (要予約/参加費1,000円 学生半額)

TICAD VI記念シンポジウム

「UHC達成に向けた保健人課題へのアプローチ 世界の潮流の中で地域ネットワークが果たす役割」
設立から5年目を迎えた「仏語圏アフリカ保健人材広域ネットワークReseau Vision Tokyo 2010(通称RVT)」。本シンポジウムでは、これまでの活動及び成果を広く国内の国際保健関係者に紹介し、仏語圏アフリカ諸国が抱える保健人材に関する課題の解決に向けたアプローチについて、国内外の有識者を交え多角的な視点か意見交換を行います。また、独立行政法人国際協力機構(JICA)が、仏語圏アフリカ諸国の保健人材管理関係者を対象に設立した、RVTでは保健人材の僻地定着に係る研究をNCGM及びケープタウン大学と共同で実施しています。
ぜひご参加ください。
日時:9月8日(木曜日) 9:00~14:00
場所:国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター 5階大会議室
主催:独立行政法人国際協力機構 共催:国立研究開発法人国立国際医療研究センター
募集人数:70名程度 申込締切:9月2日(金曜日)まで
※募集定員に達した場合は締め切らせて いただきます。

第129回国際母子カンファレンス「母子感染の診断から治療まで」

2016年9月7日(水曜日)午後18時から午後20時まで

第129回国際母子カンファレンス「母子感染の診断から治療まで」を開催します。
世界の母子保健サービスの質や国際保健医療協力に対する理解度の向上のため、母子保健の専門家を講師として講演とディスカッションを開催しています。
一般の方も参加することができます。奮ってご参加ください。(予約不要)
講師:東京大学大学院 医学系研究科 小児科医学講座 岡明教授 
場所: 国立国際医療研究センター 研究所B1F 会議室A・B 大会議室

国際保健基礎講座 第4回「緊急援助隊の活動で見えたこと」

2016年8月27日(土曜日)午後13時から午後16時まで(受付:午後12時30分から午後12時50分まで)

国際保健医療協力を 目指す人のための基礎講座
「活動経験から見る、国際保健・災害・公衆衛生危機」
今、災害が起こったら?わたしには何ができるか?
過去の経験から、いま私たちにできることを共に学び、考えてみませんか?
場所:国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター3階 会議室
  (要予約/参加費1,000円 学生半額)

国連/WHO へ行こう 若き専門職の方へのキャリア・ディベロップメント ワークショップ

2016年8月13日(土曜日)大阪 大阪大学
2016年8月15日(月曜日)東京 国立国際医療研究センター 

主催:厚生労働省、WHO/WPRO、国立国際医療研究センター及び大阪大学、慶応大国際センター
共催 : 日本国際保健医療学会、日本WHO協会
概要:「国連/WHOへ行こう 若き専門職の方へのキャリア・ディベロップメント ワークショップ」のお知らせ

日時:2016年8月15日(月曜日)13時から(12時30分受付開始)
場所:国立国際医療研究センター 国際医療協力研修センター 5階大会議室

国際的組織で活躍する国際保健政策人材の育成は、地球規模課題に対処し、持続可能な開発のための2030アジェンダを達成するためには不可欠です。国際的組織における邦人職員数は依然として低く、その増加は日本のグローバル・ヘルス・リーダーの育成に直結します。本セミナーでは世界保健機関の方から、直接、その人材戦略、CVの書き方やインタビューの受け方等まで、幅広く紹介していただく内容となっています。将来、国際的組織で働きたい方はもちろん、国際保健や世界保健機関についてご興味のある方も、是非ご参加ください。

なお、本ワークショップの詳細、申込みについては以下のサイトからご覧ください。

*東京会場は定員に達しましたので募集は締切りとなりましたが
 ご好評につきUSTREAMにてライブ配信することとなりました。

 以下のサイト(USTREAM)からご覧ください。
  http://ustre.am/1x5xA
 (*電波等の関係で一部映像が乱れる可能性がございますが何卒ご了承ください。)

*大阪会場へのお申し込みは、以下のURLからお申し込みください。
 http://www.pbhel.med.osaka-u.ac.jp/index.html

第7回国際保健医療協力研修

2016年9月13日(火曜日)から26日(月曜日)

これからの国際保健医療協力を担う日本人の人材を養成するためのより実践的な研修コース。
専門家による「講義」、プロジェクト立案に特化した「計画立案実習」、海外で国際協力の現場を体験する「フィールド研修」の3部構成によって多角的に学べ ます。「フィールド研修」では、NCGMの活動拠点であるベトナムでの関連施設の視察や、現地の医療従事者とともに行うプロジェクト立案過程を経験できます。

場所:【講義・計画立案実習】国立国際医療研究センター 研修センター4階
         【フィールド研修】ベトナム社会主義共和国(予定)

申込締切:7月28日(木曜日)24時
(郵送の場合は7月27日(水曜日)消印有効)

国際母子カンファレンス
3・6・9・12月の第2水曜日 午後6時から午後8時まで

世界の母子保健サービスの質や国際保健医療協力に対する理解度の向上のため、母子保健の専門家を講師として講演とディスカッションを開催しています。

一般の方も参加することができます。(予約不要)

場所: 国立国際医療研究センター 研修センター5階 大会議室