コンテンツにジャンプ

トップページ > 組織情報 > 局員キャリアパス

局員キャリアパス

多種多様なキャリアを持つ局員の紹介

袖野美穂

袖野美穂医師

保健システムを改善し、誰一人取り残さない社会の実現を目指す小児科医
(2022.6.28)

菅野芳明

菅野芳明医師

感染症の診療・研究の経験を積み、感染症対策を通じて世界の人々の健康を目指す医師
(2022.4.27)

本田真梨

本田真梨医師

大学卒業後、国立国際医療研究センター病院から初期研修を開始、ロンドン大学衛生学熱帯医学大学院で修士号を取得、社会的に弱い人たちも健康的な生活を送れる支援を目指す医師
(2022.4.14)

宮野真輔

宮野真輔2

国際社会の多様性にポジティブな刺激を受けながら、誰一人取り残されることのない包摂社会の実現のために、
国際保健医療の課題解決に真摯に向き合っていきたい医師
(2022.2.24)

及川みゆき

及川みゆき

鳥の目と虫の目でそれぞれの国に適した地域保健システムの構築を考え、貢献したいと思っている保健師
(2022.2.4)

清野香織

清野香織

どこにいても「患者さんや家族が安心できるように」
初志を忘れず、相手への思いやりを大切に、グローバルヘルスに貢献したい看護師
(2021.12.20)

市村康典

市村康典・更新1

大学卒業後、呼吸器内科・感染症内科医としての臨床経験を積み、 厚生労働省結核感染症課で感染症危機管理専門家として活躍、 結核対策など様々な感染症対策に取り組む医師
(2021.10.21)

横堀雄太

横堀雄太2

UHCに取り組む小児科医
(2021.10.14)

村井真介

村井真介2

医療の質・安全の技術の普及に取り組む技術者・歯科医師
(2021.8.24)

神田未和

神田未和・更新キャリアパス0729

青年海外協力隊、NPO法人AMDAでの活動を経て、大学院での学位を取得、リプロダクティブヘルス・ライツの分野で、必要なサポートを形にしていくことを目指す助産師
(2021.7.29)

坪井基行

坪井基行_3

感染症科医として臨床経験を積み、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院でDiplomaと修士号を取得 「感染症」「国際協力」「研究」を柱にグローバルヘルスに取り組む医師
(2021.7.12)

菊地紘子

菊地紘子・写真 2

小児科、NICU、産婦人科での臨床経験と青年海外協力隊、国境なき医師団の活動を経てフランス語圏アフリカでのエキスパートを目指す保健師
(2021.5.28)

宮﨑一起

宮﨑一起・写真

海上自衛隊衛生員から、救命救急センター看護師を経て、国際医療協力局に入職、働きながら公衆衛生学の修士号取得、持続可能な保健人材育成へ貢献したい看護師
(2021.5.10)

松岡貞利

松岡貞利・写真

文系、「非」医療職ながら国際開発の分野に飛び込み、 開発コンサルタント会社、フリーランスとして仕事をした後、 NCGM国際医療協力局に入職、保健学博士号を取得した上級研究員
(2021.4.23)

春山 怜

春山 怜・写真

産婦人科医から大学教員へ、働きながら国際保健政策学の修士号取得、二女の母として国際医療協力局で活躍する医師
(2021.4.02)

菊池識乃

菊池識乃N2

「助けたい」と言うより「一緒に生きていたい」・・・
どこにいても、目の前の人たちの本当の笑顔を追い求めていたいと思う看護師
(2021.04.01)

馬場俊明

馬場俊明3

精神保健・公衆衛生の実務と研究を経て、世界中で人権的・根拠に基づく精神的ケアが受けられるシステム構築に貢献したい医師
(2020.12.23)

駒形朋子

駒形朋子・写真

だれもがすこやかでHappyな社会の実現を目指す看護師/研究者
(2020.11.27)

清水栄一

清水栄一・写真1

国内外の多様な組織を渡り歩き、アフリカ5か国に10年以上駐在勤務して、医療職ではなくてもグローバルヘルスに携わり続ける上級研究員
(2020.10.28)

清原宏之

清原宏之・写真f

大学卒業後、オーストラリアで公衆衛生修士号を取得。その後、NCGM国立国際医療研究センター病院での経験を経て、国際医療協力局に入職。公衆衛生に対して真に貢献したいと願う歯科医師
(2020.9.28)

伊藤智朗

伊藤智朗

臨床、公衆衛生などの枠組みにとらわれずキャリアを積み、誰もが世界の人々の健康を意識してくれる社会になる様にと願う医師 
(2020.7.31)

池本めぐみ

池本めぐみ・写真2

災害看護学を専門に「実践力と研究力をそなえた看護職者」を目指し、世界中の女性と子どものよりよい人生を願う助産師 
(2020.6.29)

法月正太郎

法月正太郎・写真

地球というフィールドで、全ての人の健康、安全を守るため、世界に通用する感染症科医としての道を極めたい医師
(2020.5.29)

深谷果林

深谷果林・写真

阪神・淡路大震災を経験して医療職を目指すも、大学卒業後は一般企業に就職、その後、看護師免許を取得、途上国の実情にあった人材育成での貢献を目指す看護師 (2019.6.18)

柳澤如樹

柳澤如樹・写真

大学卒業後、東京都立駒込病院で感染症科医として臨床経験を積み、ハーバード公衆衛生大学院で公衆衛生学修士号を取得、新興・再興感染症対策に取り組む医師 (2021.7.12)