コンテンツにジャンプ

トップページ > 活動情報 > 国内活動 > 企業・団体の海外展開支援 > 医療製品のアクセス&デリバリー

医療製品のアクセス&デリバリー

UHC達成に向け、質の高い医療技術と医療製品を低中所得国に合う形で住民に届け、健康向上につなげる活動に取り組んでいます。そのアプローチとして、7つの過程(1.現状分析、2.開発設計、3.認証登録、4.選定と優先づけ、5.国際公共調達、6.流通と保管、7.保健医療サービス)を包括的に支援しています。

調査・研究

WHO緊急使用リストに関する調査

Global extension of Japanese medical products related to COVID-19:a survey of WHO Emergency Use Listing
本研究は、WHOが新型コロナウイルス感染症への対策に対する緊急使用リスト(Emergency Using Listing)に着目し分析しています。緊急使用リストとは、国際的に懸念される公衆衛生上に緊急事態において、その時点で得られている臨床データを基に、ワクチン、治療薬、体外診断用医薬品に関して安全性や有効性、品質を審査し、早期に緊急使用するための手続きのことです。緊急時に日本の医療製品が国際的に活用されるため、普段からの医療製品の国際公共調達を見据えた取り組みの重要性について論じています。

論文の詳細はこちらからご確認いただけます。
▶ https://www.jstage.jst.go.jp/article/ghmo/advpub/0/advpub_2021.01032/_article

WHO緊急使用リスト (EUL) 収載手続き 第13版 2020年12月
日本語版

関連調査・研究

banner_ODAresearch

新型コロナウイルスや三大感染症のワクチン・体外診断機器・治療薬等の保健医療製品に関して、研究開発、事前認証および各国承認、国際ドナー及び各国による選択、調達と供給、現場における導入・使用の各ステージにおける、国内外の主要ステークホルダーの関係性をマッピングし、相関図を作成し、役割・実績について分析を行います。

こちらからご覧いただけます。
▶ https://oda.ncgm.go.jp/research/themes.html

令和3年度「医療分野における国際公共調達を活用した 低中所得国への製品展開に関する調査」

アクセス&デリバリー事業動画画像-野村総合研究所

この調査は、国際公共調達に関する情報を収集・分析し、現状を把握し日本企業に有用な活用方法や課題を見出すことを目的としたものです。特に、海外企業の取組状況を把握することで、日本企業の低中所得国における事業戦略にも活用いただける内容となっています。
令和3年度 国際公共調達 概要 PDF:19034KB
令和3年度 国際公共調達 報告書 PDF:1110KB

国際医療展開セミナー

民間企業・行政・アカデミアの方々を対象に、低中所得国の保健医療事情や動向を紹介するセミナーを開催しています。グローバルな事業展開に関する情報交換の機会としてたくさんの方にご参加いただいております。

過去のセミナー報告書もこちらからご覧いただけます。
▶ http://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/consult/seminar/index.html#2020TENKAI

令和4年度 国際医療展開セミナー
「医療製品を低・中所得国へ ~実践で役立つ国際展開戦略~」

R4年度 国際医療展開セミナーポスター

国際医療展開セミナーは、保健医療分野において日本の医療製品や技術等を、低・中所得国へどのように展開できるかを主なテーマとして開催しています。これまでは、薬やワクチン、医療機器のWHO(世界保健機関)事前認証・推奨、国際公共調達の仕組みや情報などをテーマにしてきました。

今年度は、低・中所得国への医療製品の効果的な国際展開の戦略について理解を深めることを目的とし、中小企業も含め、実際に低・中所得国で医療製品を国際展開している企業、またWHOや日本国内で国際展開へ向けた企業支援のご経験をお持ちの方々より、実例に基づく国際展開戦略をご紹介いただく機会としております。

日時

2023年1月31日(火) 16:00~18:30

プログラム

開会挨拶
国立国際医療研究センター国際医療協力局長

【第一部】「NCGMが得た医療の国際展開の学び」 国立国際医療研究センター国際医療協力局

  1. 医療技術等国際展開推進事業の概要 江上由里子
  2. 医療技術等国際展開推進事業から認証・調達に至るまで 藤井めぐみ
  3. 国際展開に必要な7つのステップ ~これまでの学びを踏まえて~ 清水栄一
  4. 国際展開における企業の課題と存在する支援~7つのステップを基に~ 宮﨑一起

【第二部】「展開する側と支援する側からみた国際展開に必要な戦略」

  1. 中小企業の戦略的な国際展開 大同工業所 代表取締役 大桐 伸介様
  2. 企業の強みを活かした既存製品の国際展開 リオン株式会社医療機器事業部 営業部 参事補 渡部 忠行様
  3. WHOが評価する低リソース環境下での画期的な医療機器~実例からみる国際展開で必要な因子~
    大阪大学医学部附属病院、WHO compendium外部評価委員 福田 恵子様
  4. 日本企業のマインドセットと国際展開 NPO海外医療機器技術協力会(OMETA) 専務理事 矢野 守様

【第三部】パネルディスカッション「現地で選ばれるための国際展開戦略」モデレーター 横堀雄太(国立国際医療研究センター国際医療協力局)

セミナー総括および閉会挨拶
国立国際医療研究センター国際医療協力局

形 式

zoomによるライブ配信

参加申込

申し込みボタン_レッド(無料)
※お申し込み後、メールで参加URLをお知らせいたします。

ご参加までの流れ

  1. 上記お申込みフォームを開き、必要事項をご入力のうえ送信してください。
  2. 入力されたメールアドレスに、URLが届きますので、ご確認ください。

※メールが届かない場合、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに分類されている可能性がございます

参加条件

受講するために必要なパソコン、タブレット、スマートフォンなど通信機器、通信回線はご自身でご用意ください。

※推奨環境
【ブラウザ】(最新版)
Google Chrome / Microsoft Edge / Internet Explorer / FireFox / Safari
【OS】Android 8.8以降 / iOS 10.3以降
Windows 8.1以降 / Mac OS X 以降

◆本件に関するお問い合わせ◆
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(NCGM)
国際医療協力局 国際医療展開セミナー事務局
e-mail : tenkaiseminar@it.ncgm.go.jp

医療の国際展開に役立つ情報

WHO関連文書の翻訳

経済産業省

アクセス&デリバリー事業動画画像-経産省

・経済産業省 ヘルスケア国際展開ウェブサイト
 「ヘルスケアの海外情報をもっとみつけやすく」

 日本政府の支援情報はこちらからご覧いただけます。
 ▶ https://healthcare-international.meti.go.jp/

国連開発計画

アクセス&デリバリー事業動画画像-UNDP

・国連開発計画 「新規医療技術のアクセスと提供に関するパートナーシップ(Access and Delivery Partnership:ADP)」
 
 低中所得国における政策・規制の調和と連携強化、また新規医療技術導入に必要な改革を推進する専門家や機関の能力向上を行う、日本政府の支援により実施されているイニシアチブです。


こちらからご覧いただけます。
▶ https://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/partnership-section/ADP.html#:~:text=AddThis%20Sharing%20Buttons-

国際公共調達に関する情報

厚生労働省

アクデリ&デリバリー事業画像ー厚生労働省

・厚生労働省 「国際公共調達情報プラットフォーム」

国際公共調達に関する情報、意欲のある日本企業への支援に関する情報はこちらからご覧いただけます。
▶ https://ippip.jp/

外務省

外務省HP

・外務省 「国連と調達/ビジネス」

国連調達、国連グローバル・マーケット・プレイス(UNGM)、国連調達セミナー、日本企業支援窓口(国連調達関係)に関する情報はこちらからご覧いただけます。
▶ https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/unp_a/page22_001871.html

メディア掲載された記事

2022年7月25日 医機連ジャーナル

2022年3月28日 日経ビジネス

日経ビジネス表紙_1

『日経ビジネス』2022年3月28日号「ニュースを突く/市場開拓/世界ヘルス市場で存在感示せ」で、当センター主催のセミナーについて紹介されました。


日経ビジネスのサイトはこちら
▶ https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00108/00171/

2021年10月25日 医機連ジャーナル

2021年10月1日 国際開発ジャーナル

2021年9月1日 国際開発ジャーナル

2021年8月1日 国際開発ジャーナル