コンテンツにジャンプ

トップページ > 活動情報 > 国内活動 > イベント・セミナーレポート > モンゴル国の地域での医師の育成を目指す総合診療研修の普及に向けた研修を行いました

モンゴル国の地域での医師の育成を目指す総合診療研修の普及に向けた研修を行いました

研修は2021年12月14日から16日に実施され、モンゴル全土から地域での医療人材育成に取り組む18名が参加しました。今回は、医師確保や地域に根差した研修に関する先進的な取り組みが行われている、静岡県の公立森町病院とモンゴル全土をオンラインでつないで行われました。

モンゴルでは、地域における医師の育成を目的とした総合診療研修が2018年より開始されており、JICA技術協力プロジェクト「医師および看護師の卒後研修強化プロジェクト」では、この総合診療研修を全国に普及させるための取り組みを行っています。

NCGM国際医療協力局は、モンゴルでプロジェクトの活動を進めている馬場俊明医師と協力し、総合診療研修を開始したいと考えている地域の病院や、保健局の人材育成担当者を対象としたオンライン研修を実施しました。

研修は池田千絵子局長の研修開始の挨拶から始まり、講義では、主に静岡県で医師の卒後研修に関わってきた講師陣が、自治体、大学、病院、事務職員など、それぞれの立場から経験を共有しました。また、すでにモンゴルで総合診療研修を開始した施設からも研修の実施状況などが共有されました。

活発な議論が行われ、参加者からは今後の総合診療研修開始に向けたアクションプランが示されました。

 【オンラインの様子

20211224モンゴルオンライン研修_草場・1
  • 20211224モンゴルオンライン研修_草場・2

     

  • 20211224モンゴルオンライン研修_草場・3