コンテンツにジャンプ

トップページ > 活動情報 > 国内活動 >  LAF会

L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

本定例会(通称LAF会)は、フランス語圏アフリカの健康について、日本語で語り合いたい人々の親睦会です。仏語圏アフリカで活動した経験のある方、現在活動されている方、これから活動をお考えの方、興味をお持ちの方々の連携を維持・強化しながら、情報交換を行うことを目的としています。Amical は友好会・親睦会、Santé は健康、Afrique Francophoneはフランス語圏アフリカという意味です。

2022年度 第3回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)を開催しました

NCGM国際医療協力局は、12月12日(月)に、第3回L'amicale de la Santé en Afrique Francophone定例会(通称LAF会)をオンラインで開催しました。
LAF会は、仏語圏アフリカの健康について、日本語で語り合いたい人々の親睦会です。2010年から活動を開始し、メンバーは現在約399名です。

今回は、セネガル共和国保健行政アドバイザー・保健社会活動省官房技術顧問を務めるNCGM国際医療協力局 野田 信一郎(のだ しんいちろう) から「セネガルにおける COVID-19とその対応」をテーマに、WHO(世界保健機関)のCOVID-19対応のための戦略フレームに添って、日本との比較を交えながら、詳細なお話がありました。
講演後の質疑応答では、今後の日本のCOVID-19対応のあり方にも話題が広がり、示唆的で、刺激的な議論が繰り広げられました。

今回は47名の皆様に参加いただきました。ご参加いただいた国際協力関係、報道関係の皆様、ありがとうございました。
LAF会は不定期で開催しています。今年度は今回が最後となりますが、次年度も引き続き開催していく予定です。
開催の詳細が決まりましたら、NCGM国際医療協力局Webサイトでご案内します。

  • 2022年度 LAF会 第3回レポートー1

    (写真上段左)セネガル共和国保健行政アドバイザー・
    保健社会活動省官房技術顧問 野田信一郎

  • 2022年度 LAF会 第3回レポートー2

    参加者のみなさん

お問合わせ

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国際医療協力局 LAF会
e-mail:tenkaiseminar@it.ncgm.go.jp

過去のLAF会(定例会)

2022年度 第2回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

2022年度 第2回 LAF会 ポスター

スピーカー プロファイル
佐 藤さとう 重臣 しげおみ氏 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ダカール地域事務所 民間連携支援担当官

国内外のIT企業、米系戦略コンサルティングファームを経て、国際協力銀行にてインド・アフリカ向けのファイナンスを担当。その後セネガルでMBAを取得し、日本企業の世界展開を支援するコンサルティング会社を立ち上げ。2021年8月、UNHCRのチャド・バガソラ事務所にフィールドオフィサーとして参画。2022年9月よりダカールの地域事務所で西・中央アフリカ地域向けの民間連携支援に従事

レポート
https://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/report/2022/20221012114337.html

2022年度 第1回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

2022年度 第1回 LAF会 ポスター1

スピーカー プロファイル
村津むらつ らん氏 東京外国語大学 現代アフリカ地域研究センター 特任研究員 通信企業勤務、JICAボランティア(ベナン・福祉センター勤務)を経て、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士一貫課程修了(博士・地域研究)。 ベナンの呪術、妖術、ペンテコステ・カリスマ系教会、在来信仰ヴォドゥンなどに焦点をあて、宗教人類学・医療人類学の視点から研究している。 また、宗教をテーマにした人類学的な映画製作にも携わる。

レポート
https://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/report/2022/20220719134006.html

2021年度 第3回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

TWCard_2021年度 LAF会 第3回-1

スピーカー プロファイル
国  枝 くにえだ美佳みか氏 新宿区生まれ、アメリカ ニューヘイブン郊外育ち。都立高在籍中、東京都―パリ市(友好都市)長期派遣留学生として一年間パリ高校留学そしてパリ市の家庭にホームステイをして、フランス語の基礎を身に着ける。慶應義塾大学総合政策学部在学中、国語習得を試みるも、Tu/VousをNi/Nimenに置き換えることができず、挫折。卒業後、フランス商工会議所の商業フランスの資格を得、いつかは外交フランス語を!と夢見たが、ロンドン大学政治経済学院(LSE)で学ぶロータリー財団国際親善奨学金を得たため、修士課程に進学。夫の最初の赴任地が英語圏ケニアやエチオピアだったため、しばらくフランス語から遠ざかっていたが、夫のニジェール赴任を機に再びフランコフォンに。外交フランス語の資格は夢のまま。

レポート
https://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/report/2021/20211216130330.html

2021年度 第2回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

2021年度LAF会 第2回 20210913-1

スピーカー プロファイル
古 田 ふるた国之くにゆき氏 株式会社SOIK代表取締役CEO。東京大学農学部卒業後、国際協力機構(JICA)入構。ブルキナファソ事務所、JICA筑波、本部アフリカ部勤務の後、コンゴ民主共和国に3年間駐在し、事業総括を務める。JICA退職後にスイスIMDにてMBAを取得。開発途上国向け医療機器開発のレキオ・パワー・テクノロジーにCOOとして参画するために那覇に移住。2019年にSOIKの日本法人およびコンゴ民主共和国に現地法人を設立。

レポート
https://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/report/2021/20211018133909.html

2021年度 第1回 L'amicale de la Santé en Afrique Francophone(LAF会)

2021年度LAF会 第1回 20210617

スピーカー プロファイル
佐 藤 さとう弘一こういち氏 株式会社シュークルキューブジャポン代表取締役社長。
第三回日経ソーシャルビジネスコンテスト優秀賞 フランス在住22年。NTT Franceを経てパリにて国際ICT事業で独立。欧州・仏語圏アフリカへの施工を行う中、アフリカの未電化村落では通信が弱い事を知る。 2018年日本法人シュークルキューブジャポンを立ち上げ、アフリカの未電化村落に電気と通信を届けるTUMIQUI(ツミキ)Projectを開始。 2019年セネガル保健省とMOUを締結しTUMIQUI Smart kitをセネガルの診療所10箇所に導入し高い評価を得る。 2020年日本からの進出でセネガル法人TUMIQUI JAPON SASU立ち上げ、機材の現地生産保守体制を整えつつ、省庁・自治体と連携しデジタルインフラ普及を進めている。
参考サイトhttp://www.tumiqui.com

レポート
https://kyokuhp.ncgm.go.jp/activity/internal/report/2021/20210623142145.html